CME 日経
インド総合指数
株式用語
指値注文「さ」
仕手株 地合い「し」
ストップ高「す」
制度信用取引「せ」
相対力指数「そ」
代用有価証券「た」
地政学的リスク「ち」
突込み買い「つ」
デイトレード「て」
特定口座,独歩高[と]
日銀短観 [な行]
ヘッジファンド [は行]
窓理論(GAP) [ま行]
優先株式 [や行]
ラップ口座 [ら行]
NYダウチャート
日経平均チャート
人気株テクニカル
マーケット情報
会員入会のご案内
基本方針
推奨銘柄実績
会員メールサンプル
イーワラント
日経平均株価
投資リンク
履歴
事業概要
space

    
ドル円チャート

寄付前・外資の注文状況

eワラント・活用編

CME日経平均チャート
中国・インド株価指数
原油先物チャート

ヤフーファイナンス

日本株 ADR

セクターごとの株価推移

海外の株価指数

株式用語・一覧「ち」



地政学的リスク(ちせいがくてきりすく)

特定地域の政治的・軍事的な緊張が高まることにより、特定地域・世界経済全体の先行きを不透明にするリスクのことを指します。

2002年9月に米連邦準備理事会(FRB)が、声明文で用いたことがきっかけで一般的になった用語です。 主に原油などのコモディティ価格の急上昇、外国為替市場の乱高下の原因になるなど、経済活動にダメージを与える要因になります。



チャート(=ケイ線)

株価や売買高などの統計データ・動きをグラフ化したものをチャートといいます。



長期金利(ちょうききんり)

取引の期間が「1年以上」の金利のことをいいます。 国債の利回りや、定期預金金利などで使う用語です。



提灯(ちょうちん)

有力な投資家の売買をまねたり、相場の大きな変動に乗ることを「ちょうちんをつける」といいます。 主に仕手株の売買などで使われます。



つなぎ売り(つなぎうり)

価格変動リスクを回避するために、空売りしておくことをつなぎ売りといいます。 保有株が天井をつけると判断した場合などに、値下がり損をヘッジするために行う売買手法です。



直接利回り(ちょくせつりまわり)

投資額に対して、1年間に支払われる利息収入の割合を表したものです。
直接利回り=表面利率÷買付価格



長期プライムレート(=長プラ)

民間金融機関(銀行など)が、信用力の高い一流企業に対して資金を1年以上貸し付ける際の最優遇貸出金利のこと。 最近では、短期プライムレートに連動する『長期変動基準金利』を導入する金融機関が増加しています。




地政学的リスクとつなぎ売りについて解説します。 ちょうちんやケイ線、チャートとは何か、基本的な用語もカヴァーしています。  シカゴ日経平均先物とNYダウのリアルタイム株価を確認できます。
Copyright(C) 2003 Sisannka.com All Rights Reserved.