CME GLOBEX
CMEのチャート
証券・株式用語
指値注文「さ」
仕手株 地合い「し」
ストップ高「す」
制度信用取引「せ」
相対力指数「そ」
代用有価証券「た」
地政学的リスク「ち」
突込み買い「つ」
デイトレード「て」
特定口座,独歩高[と]
日銀短観 [な行]
ヘッジファンド [は行]
窓理論(GAP) [ま行]
優先株式 [や行]
ラップ口座 [ら行]
NASDAQ/NYダウ
日経平均チャート
人気株テクニカル
マーケット情報
会員入会のご案内
基本方針
推奨銘柄実績
テクニカル分析
eワラント
日経株価
投資リンク
履歴
事業概要
space

    
ドル円チャート

寄付前・外資の注文状況

eワラント・活用編

CME日経平均チャート
中国・インド株価指数
原油先物チャート

ヤフーファイナンス

日本株 ADR

セクターごとの株価推移

海外の株価指数

株式用語「た」



貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう=バランスシート)

財務諸表の一つ。資産、負債、資本の分析をすることで、企業の安全性や手元流動性を判断することができます。

貸借対照表では、「換金性・流動性の高いものを先に記す」という大原則があるため、資産欄は、現金などの 流動資産を先に、土地・建物などの固定資産が後に記載されます。 「負債・資本」欄は、流動負債、固定負債及び資本の順に記されています。



貸借倍率(たいしゃくばいりつ)

制度信用取引において貸借取引の状況を示す指標。融資残高は「信用買い」、貸株残高は「信用売り」のことを表しています。

貸借倍率が1より大きい場合は、信用売り残よりも信用買い残の方の方が多いということになります。 倍率が大きければ大きいほど、将来の売り需要が多いともいえます。
貸借倍率=融資残高÷貸株残高



第三者割当増資(だいさんしゃわりあてぞうし)

業務提携の相手先や取引先等、特定の第三者に「新株引受権」を付与する増資の方法のことをいいます。

第三者割当増資を行う企業は、たいていは2パターンに分かれます。 一つは、業務提携先との関係を強化する場合。
もう一つは経営状態が悪いなどの理由から、「普通の増資」ができない場合です。 過去に何度も第三者割当増資を行っている新興市場に属する上場企業などは、要注意となります。



大納会(だいのうかい)

年末の最終取引日を指します。立会時間は、前場(09:00-11:00)のみとなります。



大発会(だいはっかい)

年始の取引開始日のことをいいます。大納会と同じく、取引時間は前場のみとなっています。



代用有価証券(だいようゆうかしょうけん)

信用取引などの委託保証金、先物やオプション売買における取引証拠金などは、株券、公社債などの有価証券で代用することができます。 これを代用有価証券といいます。通常、掛け目60%〜90%の範囲内で担保価値が算出されます。



大量保有報告書(たいりょうほゆうほうこくしょ)

証券取引所に上場している株券、店頭登録会社の株券、新株予約権付社債券などの5%超を保有することになった株主 が提出しなければならない書類のことをいいます。

大量保有者になった日から5日以内に内閣総理大臣(財務局長)に提出することになっており、 一般には「5%ルール」と呼ばれています。



ダウ平均(NYダウ工業株30種)

ニューヨーク証券取引所やNASDAQを対象として、各セクタ−における優良企業・30銘柄の単純平均を算出したものです。



第三者割当増資や貸借対照表などの用語は企業会計で必ず使います。 代用有価証券と大量保有報告書。  CME日経平均先物とNYダウのリアルタイムチャートです。
Copyright(C) 2003 Sisannka.com All Rights Reserved.