シカゴ先物 CME
シカゴ日経平均先物
証券用語
青天井など「あ」
移動平均線など「い」
受渡日など「う」
円高・円安など「え」
押し目買いなど「お」
株主優待「か」
逆指値注文「き」
グローベックス「く」
権利落ち「け」
公募増資「こ」
指値注文「さ」
仕手株 地合い「し」
ストップ高「す」
制度信用取引「せ」
相対力指数「そ」
代用有価証券「た」
地政学的リスク「ち」
突込み買い「つ」
デイトレード「て」
特定口座,独歩高[と]
NYダウ工業株30種
日経平均チャート
人気株テクニカル
マーケット情報
株式投資
業績の分析
推奨銘柄実績
テクニカル分析
eワラント
株価メール
投資リンク
履歴
事業概要
space

    
ドル円チャート

寄付前・外資の注文状況

eワラント・活用編

CME日経平均チャート
中国・インド株価指数
原油先物チャート

ヤフーファイナンス

日本株 ADR

セクターごとの株価推移

海外の株価指数

重要な証券用語「さ」



サーキットブレーカー(Circuit breakers)

株価指数先物取引やオプション取引、個別銘柄取引において、一定の価格を超えて上昇(下落)し、相場に大幅な変動があった場合に発動する措置のことです。

例を挙げると、現物相場と比較して先物相場が急激に変動した場合に、取引を15分間中断するなどの措置があります。



債券(ボンド、さいけん)

公的機関、特殊金融機関、事業会社などが資金を調達する際、利子の支払いなどの条件を明確にするために発行する証書。



サイコロジカルライン(Psychological line)

逆張り指標の一つ。 直近12日間の中で終値が前日比プラスの日数を数え、12日間のうちプラスが何日あったが、その比率を求めてチャートが決定します。



裁定取引(アービトラージ取引、さいていとりひき)

市場間の価格差を利用して利益を得る取引のことを裁定取引といいます。 例えば「現物株式の買い/TOPIX先物の売り」などで価格差を狙います。時価のブレを利用した取引です。



先物取引(さきものとりひき)

先物取引とは、ある特定の商品を、将来の一定期日に、あらかじめ決めておいた値段で取引する契約のことです。

一般的には、取引最終日まで待たずに、転売または買戻しを行うことにより、決済して価格差を狙います。投機対象になります。



材料難(ざいりょうなん)

相場の変動に必要な力を生み出す「材料」が無いため、(相場が)こう着状態またはそれに近い状態になっていること。

「売買手控え」「売買見送りムード」「様子見ムード」「模様眺め」などと同じような意味合いです。



指値注文(さしねちゅうもん)

株式の売買注文方式の一つです。売買したい値段を決めて注文します。 買いの場合には指値以下で、売りの場合は指値以上で取引が成立します。

指値注文は、執行者が希望した値段で売買することができるというメリットがあります。 しかし、デメリットもあります。 例えば、**自動車株1900円売りの注文を出したとして、1899円までしか上昇しなかった場合、(当然ながら)わずかな値段の差でもその売買注文は取引が成立しません。



ザラ場(ざらば)

ザラ場とは、始値と終値との間に行われる継続売買のことをいいます。



材料難のなか、ザラ場の先物取引で慎重に指値注文する。債券の情報もあります。  cme日経平均はグローベックスのシカゴ先物のことです。
Copyright(C) 2003 Sisannka.com All Rights Reserved.