CME チャート
先物のチャート
株式用語
指値注文「さ」
仕手株 地合い「し」
ストップ高「す」
制度信用取引「せ」
相対力指数「そ」
代用有価証券「た」
地政学的リスク「ち」
突込み買い「つ」
デイトレード「て」
特定口座,独歩高[と]
日銀短観 [な行]
ヘッジファンド [は行]
窓理論(GAP) [ま行]
優先株式 [や行]
ラップ口座 [ら行]
NYダウ
日経平均チャート
人気株テクニカル
マーケット情報
主力株の株価推移
CME日経平均先物
ドル円チャート
日本株ADR
海外の株式市場
会員入会のご案内
基本方針
推奨銘柄実績
会員メールサンプル
eワラント
株価メール
投資リンク
履歴
事業概要
space

    
ドル円チャート

寄付前・外資の注文状況

eワラント・活用編

CME日経平均チャート
中国・インド株価指数
原油先物チャート

ヤフーファイナンス

日本株 ADR

セクターごとの株価推移

海外の株価指数

重要な株式・証券用語「ら行」



ラップ口座(=ラップアカウント)

資産運用や口座管理などを証券会社などに一任する口座サービスのことです。

ラップ口座では、株式の売買注文などをプロにお任せできます。 証券会社によっては、重点的に投資したいセクターや金融商品などを細かく設定でき、また、その際にアドバイスを受けることができます。 手数料は契約資産残高や運用実績などに応じて決まり、一括徴収されます。



利食い(りぐい、=利益確定)

購入した銘柄の株価が上昇し、利益を確定するために売却することを利食いといいます。



リテール業務(りてーるぎょうむ)

個人投資家を対象とした業務のことをいいます。⇔ホールセール業務



両建て(りょうだて)

同じ銘柄で「買い」と「売り」のポジションを持つことを両建てといいます。



レーティング(Rating)

アナリストの投資判断のことをレーティングといいます。 また、収益率、パフォーマンス比較などから評価・格付けを行うことを指します。



レバレッジドバイアウト(LBO)

企業買収手段の1つです。 買収の対象となる企業の資産、あるいは将来的なキャッシュフローを担保にした負債を買収資金にして行われるものを指します。

LBOの手順は以下の通りです。
先ず、受け皿となる会社(シェルカンパニー)を設立します。

次に、銀行借り入れや社債(ジャンクボンド)発行によって資金調達を行います。

そして対象となる企業の買収を行い、シェルカンパニーとターゲット企業の合併(株式の非公開化)を行い、新会社を設立します。

最後の段階で事業や資産(クラウンジュエル)を売却、(買収した企業から発生するキャッシュフローを含む)による借入の返済を行います。



連結子会社(れんけつこがいしゃ)

連結財務諸表の対象となる子会社のことを指します。



連想買い(れんそうがい)

ある特定の銘柄が上昇した場合、関連性のある他の銘柄が思惑で買われることを連想買いといいます。



ロングポジション(Long position)

買いのポジションを持っている状態のこと。⇔ショートポジション



レバレッジドバイアウトの連想買い、ラップ口座の両建てを利食い。  GLOBEXのシカゴ日経平均先物は、CMEで取引されています。
Copyright(C) 2003 Sisannka.com All Rights Reserved.